石綿分析の講習会

建築物の解体等の作業に従事する労働者の石綿ばく露防止において、石綿障害予防規則第3条に基づく事前調査は、石綿建材を把握するために行うものであり、解体等作業で石綿ばく露防止対策を講じるために不可欠かつ非常に重要なものです。

事前調査の具体的実施については、事業者はまず、同条第1項に基づき、書面調査および現地調査を行うとともに、これにより石綿使用の有無が明らかとならなかったときは、同条第2項に基づき、当該建材が石綿を含有するか否かを分析することが義務づけられています。

本事業では、石綿ばく露防止対策の適切な実施のため、建材中の石綿含有率の分析の精度底上げを目的とし、石綿分析を行う分析機関の分析技術者の方等を対象とした講習会を実施します。

1. 対   象:

石綿分析機関(民間/公的機関問わず)の分析技術者の方等。
本講習は分析技術者向けの技術的な内容が中心ですが、行政担当官、石綿除去等の
工事発注者及び受注者など、石綿に関わるどなたでも、ご参加可能です。

2. 内   容:

アスベスト分析マニュアル1章~6章(JIS A 1481-1~4に基づく石綿分析)の
留意点について専門家が解説します。
アスベスト分析マニュアル[1.11版](厚生労働省HP内に掲載)を配布します。

3. 時   間:   10:00~17:00 (昼休憩1時間含む)  当日9:30より受付開始

4. 定   員:

大阪・東京会場 各定員100名 / 宮城・愛知・広島・福岡会場 各定員70名 計580名
※東京会場は2回開催
※申し込みは<先着順>となります

5. 費   用:   無料

6. 申込期間:   平成29年8月24日(木)10:00 ~ 各講習会実施3日前まで

7. 備   考:

1)講習終了後、事業専用HPからアンケートにご協力をお願いいたします。
2)石綿分析の講習会(実技)の受講を希望される方は、必ず石綿分析の講習会(座学)を受講願います。
3)当講習会は受講者の方の能力向上を目的としており、受講者の方の能力を担保・保証するものではございません。修了証の発行はいたしませんので、ご了承願います。

石綿分析の講習会パンフレット
■石綿分析の講習会 パンフレット(座学・実技共通)2ページ版(PDFファイル 280KB)■
石綿分析の講習会パンフレット
■石綿分析の講習会 パンフレット(座学・実技共通)1ページ版(PDFファイル 219KB)■
※ 平成29年8月24日(木) 10:00より 申込み受付を開始します。
※ 受付開始時間になりましたら、講習会スケジュール・各会場ページに申込みフォームが表示されます。

 

日時 エリア 会場名
平成29年 9月29日(金) 10:00〜17:00 大阪 リファレンス大阪駅前第4ビル
平成29年10月 6日(金) 10:00〜17:00 東京1回目 イオンコンパス東京駅前 満席
平成29年10月13日(金) 10:00〜17:00 宮城 東京エレクトロンホール宮城
平成29年10月17日(火) 10:00〜17:00 東京2回目 イオンコンパス東京駅前
平成29年10月20日(金) 10:00〜17:00 愛知 フジコミュニティセンター
平成29年10月24日(火) 10:00〜17:00 福岡 福岡県自治会館
平成29年10月27日(金) 10:00〜17:00 広島 RCC文化センター

上記講習会のスケジュールはやむをえず変更になる場合がございます。最新の情報は当サイトでご確認いただきますようお願いいたします。

 

1. 対   象:

石綿分析機関の分析技術者の方が対象です。

2. 内   容:

アスベスト分析マニュアル3章~6章(JIS A 1481-1~4に基づく石綿分析)の留意点について、実体顕微鏡、偏光顕微鏡、位相差・分散顕微鏡、X線回折装置を使用し専門家が技術指導を行います。

3. 時   間:  09:00 ~ 16:00 (昼休憩1時間含む) 当日8:30より受付開始
※東京会場でマニュアル5章(3法)を受講の方は、2日に分けて受講して頂きます。
  2日とも時間は9:00~12:00です。

4. 定   員: マニュアル3~6章(1~4法)の中から希望の分析方法と日程を選択して頂きます。

◆ 大阪会場
アスベスト分析マニュアル3章(JIS A 1481-1法)(1日で修了)8名×4回開催 計32名
アスベスト分析マニュアル4章(JIS A 1481-2法)(1日で修了)8名×4回開催 計32名
アスベスト分析マニュアル5章(JIS A 1481-3法)(1日で修了)8名×4回開催 計32名
アスベスト分析マニュアル6章(JIS A 1481-4法)(1日で修了)8名×4回開催 計32名

◆ 東京会場
アスベスト分析マニュアル3章(JIS A 1481-1法)(1日で修了)8名×4回開催 計32名
アスベスト分析マニュアル4章(JIS A 1481-2法)(1日で修了)8名×4回開催 計32名
アスベスト分析マニュアル5章(JIS A 1481-3法)(2日で修了)8名×4回開催 計32名
アスベスト分析マニュアル6章(JIS A 1481-4法)(1日で修了)8名×4回開催 計32名

※東京会場でマニュアル5章(3法)を受講の方は、全員が別会場において
12/15(金)09:00~12:00の講習受講が必要です。

※マニュアル3章~6章(1~4法)についてそれぞれ単独でのお申込みとなります。
※申し込みは<先着順>となります

5. 参加 要件:

1)平成29年度の石綿分析の座学講習会(当事業の別講習です)を受講していること
石綿分析講習会(座学)はこちら

2)自分が受講する講習について、実際に分析していること
(1)マニュアル第3章(1法)の受講者は、1法での分析検体数が過去一年間50検体以上
(2)マニュアル第4章(2法)の受講者は、2法での分析検体数が過去一年間100検体以上
(3)マニュアル第5章(3法)の受講者は、3法での分析検体数が過去一年間100検体以上
(4)マニュアル第6章(4法)の受講者は、4法又は1法での分析検体数が過去一年間50検体以上

3)3、4、6章の講習については、顕微鏡の基本的な操作ができないと受講できません。
顕微鏡の基本的な操作に不安のある方は、講習会までにメーカー等の顕微鏡講習を受講の上、参加お願いします。

※大変申し訳ありませんが、今回の実技講習会は熟練者の方を対象にしておりません。
下記に該当される方は、受講をお控え頂くよう、お願いいたします。
・『日本作業環境測定協会のクロスチェックAランク取得』の方
・『日本環境測定分析協会の建材中のアスベスト分析技能試験(技術者対象)合格者』の方
※参加枠を拡大し、上記熟練者の方も受講いただけるようになりました。(H29.11.15追記)
※昨年度受講された方もご参加頂けますが満席の場合はお断りする場合がありますのでご了承願います。  (H29.10.4追記)

6. 費   用:   無料

7. 申込期間:   平成29年11月1日(水)10:00 から各講習会実施4日前まで

8. 備   考:

1)講習終了後、事業専用HPからアンケートにご協力をお願いいたします。
2)石綿分析の講習会(実技)の受講を希望される方は、必ず石綿分析の講習会(座学)を受講願います。
3)当講習会は受講者の方の能力向上を目的としており、受講者の方の能力を担保・保証するものではございません。修了証の発行はいたしませんので、ご了承願います。
4)座学講習会・実技講習会ともに受講された方は、分析機関名およびお名前が事業専用HPに掲載されます。(希望者のみ)
5)講習会で使用していただく顕微鏡については、お申し込み順で普段お使いのメーカーのものを割り当てさせていただきます。
お使いのメーカーのものとは違う顕微鏡で講習を受講していただく場合もございますので、あらかじめご了承願います。

石綿分析の講習会パンフレット
■石綿分析の講習会 パンフレット(座学・実技共通)2ページ版(PDFファイル 280KB)■
石綿分析の講習会パンフレット
■石綿分析の講習会 パンフレット(座学・実技共通)1ページ版(PDFファイル 219KB)■
※ 平成29年11月1日(水) 10:00より 申込み受付を開始します。
※ 受付開始時間になりましたら、講習会スケジュール・各会場ページに申込みフォームが表示されます。

 

日時 エリア 会場名
平成29年12月 4日(月)-12月 7日(木)
9:00-16:00(6時間)
大阪 日本水処理工業株式会社
平成29年12月11日(月)-12月14日(木)
9:00-16:00(6時間)会場1
※マニュアル5章(3法)受講の方は9:00-12:00

平成29年12月15日(金)
9:00-12:00(3時間)会場2

東京 会場1
一般社団法人 日本環境測定分析協会
会場2
(マニュアル5章(3法)受講の方のみ)
スペクトリス株式会社 パナリティカル事業部

上記講習会のスケジュールはやむをえず変更になる場合がございます。最新の情報は当サイトでご確認いただきますようお願いいたします。

<実技講習会キャンセル待ちについて>

 希望する講習会(マニュアル3~6章)が全日程(大阪・東京会場共)で満席の場合のみ
キャンセル待ちが可能です。 1)~ 6)についてご記入いただきメールを送信下さい。 
 事務局MAIL : asbestos@mizu-shori.com
 
 受講できる、できないに関わらず11月13日(月)にご連絡させて頂きます。
 ( 昨年度の事業で実技講習会を受講されていない方を優先して受付いたします)

 1)お名前
 2) 貴社名・団体名
 3) 貴社住所・団体住所
 4) 連絡先
 5)希望する講習会(マニュアル3~6章)
 6)参加可能な日程